私とアマチュア無線

・ 東京・秋葉原で生まれ育った私は、文字通りの「ラヂオ少年」でした。子供の頃に見たアメリカのコメディー・ドラマ 「ギリガン君 SOS」 の中で、主人公のギリガン(船員)が乗ったクルーズ船がエンジントラブルで漂流し、たどり着いた島でラジオを無線機に改造して SOS を出すシーンを見て、無線に興味を持ちました。

・ 1971年に東京都台東区でアマチュア無線局 JE1BQE を開局し、1976年に富山県魚津市で JA9QZH も開局しました。それからずっと無線を楽しんでいます。今の仕事(無線機の設計)も、この子供の頃からの趣味の影響を大きく受けています。

・ 普段は聞こえない場所の電波が、突然、聞こえるミステリアスな 50MHz バンドと、闇夜の中のロウソクの炎のように、雑音の中でもはっきり聞こえるモールス符号によるトン・ツー通信が大好きです。

・ 1976年に西ドイツから JE1BQE/DL DK0RA を運用して以来、東・西統一後のドイツ DL/JE1BQE、アメリカ合衆国 W4/JE1BQE、W6/JE1BQE、W7/JE1BQE、W9/JE1BQE、サイパン KH0/JE1BQE、KK6RT/KH0、小笠原諸島 JD1BOO、韓国 HL3ZCG など、海外からもアマチュア無線を楽しんでいます。

・ 趣味が高じて・・・ 自分が理想とする無線機やアンテナの設計をしたくて、1987年に株式会社アンプレット(現在の アンプレット通信研究所)を起業し、現在に至ります。

・ 現在、日本各地で開催される無線通信に関する セミナー の講師を担当したり、日本大学大学院 理工学研究科 にて、「先端技術特論(無線工学とアンテナ工学)」の講義を行っています。




私のプロフィール


 1980年に日産自動車株式会社、1981年に東京大学生産技術研究所、1984年に日立湘南電子株式会社、株式会社日立製作所に勤務。1987年に株式会社アンプレットを設立し代表取締役社長に、2016年にアンプレット通信研究所を設立し代表に就任。携帯電話、RFID、アンテナ、人体通信機器、ミリ波レーダなどの設計に従事。


 株式会社アンプレット設立後は、東京電機大学の非常勤講師、東京大学の特任研究員、国内外の無線通信機器メーカー、携帯電話メーカー、アンテナメーカーの役員や技術顧問を兼務。現在は、アンプレット通信研究所 の所長、人体通信コンソーシアム の主催者、人と車と家をつなぐ V2HH研究会 の主催者、日・韓 合同 人体通信研究会 の日本側幹事、日本大学大学院 理工学研究科 特別講師(先端技術特論)峰光電子株式会社 の技術顧問を務める。


(上記文章は、日経BPのホームページで公開されている根日屋英之の紹介と同内容です。)




私のアマチュア無線局


第1シャック JE1BQE 200W 固定局

QTH : 東京都台東区(JCC#100106 / GL PM95VQ)

開局年 : 1971年


第2シャック JE1BQE 1kW 固定局

QTH : 神奈川県川崎市多摩区(JCC#110305 / GL PM95SP)

開局年 : 1971年


第3シャック JE1BQE 50W 移動局

QTH : 千葉県いすみ市(JCC#1238 / GL QM05EF)

開局年 : 1971年


第4シャック JA9QZH 100W 固定局

QTH : 富山県魚津市(JCC#2804 / GL PM86QT)

開局年 : 1976年


第5シャック JD1BOO 1kW 固定局

QTH : 東京都小笠原村母島(JCG#10007 / GL QL16BP)

開局年 : 2013年


第6シャック HL3ZCG 100W 固定局

QTH : 大韓民国大田広域市(KDN#R05 / GL PM36QI)

開局年 : 2014年

アマチュア無線雑誌の根日屋 英之の執筆記事のご紹介

 アマチュア無線関連雑誌に多数の連載記事や単発記事を執筆していました。

・ ハムライフ        ・ Let's Haming

・ CQ ham radio       ・ 初歩のラジオ

・ ハムジャーナル      ・ ラジオの製作

・ QEX Japan        ・ エレキジャック

・ モービルハム       ・ cqDL

・ 月刊「59」        ・ トラ技 jr.        など



Copyright(c) Dr. NEBIYA Hideyuki. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com