JE1BQE : 根日屋 英之

 生まれも育ちも東京・秋葉原の私は、文字通りの「ラヂオ少年」でした。

子供の頃に見たアメリカのコメディー・ドラマ「ギリガン君 SOS」の中で、

漂流した島でラジオを無線機に改造し SOS を出したシーンを見て、無線

に興味を持ちました。

 1971年に東京都台東区でアマチュア無線局 JE1BQE を開局し、

1976年に富山県魚津市で JA9QZH も開局しました。それからずっと

無線を楽しんでいます。今の仕事(無線機の設計)も、この子供の頃から

の趣味の影響がとても大きいです。

JS1HNM : 根日屋 順子

 1985年に開局。HF帯での DX QSO から、VHF帯でのラグチューまで、幅広く

夫婦でアマチュア無線を楽しんでいます。

 出身は長野県上田市で、自宅から見えるところに JA0 のコールサインを持

っている兄妹(妹さんは私と同級生)がおりました。

 夫が海外出張のときは、私と夫は時間と周波数を決めて交信していました。

そこで、夫に日本の様子を伝えることができました。

 最近、夫は私に、一緒にアマチュア無線の移動運用をしようと提案していま

すが、私は腰が重くて一緒に行ったことがありません。

JF1LVQ : 根日屋 尚之

 1973年に開局。趣味はバイクと自動車で、愛車 FIAT X1/9 からモービル局

の運用もしていました。最近はアクティビティーが低下気味ですが、数少ない

東京の下町、台東区から、50MHz と 430MHz で細々とオンエアしています。

 ヨーロッパ、オセアニア、南米などを旅行しましたが、現地でも何人かの

アマチュア無線家とのアイボールを楽しみました。広大な敷地のアンテナフ

ァームを見るたびに、ため息が出ました。

 使用リグは、八重洲無線の FT-817 に、シンプルなアンテナを組み合わせて

QRP による運用を楽しんでいます。

Copyright(c) Nebiya Family. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com